キャッシュレスの時代!今こそ経験しておきたい!レジのアルバイト5選!

キャッシュレス決済にも詳しくなれるレジのお仕事!

小銭を持たずにお買い物。そんな気軽さもあって世の中ではキャッシュレス決済が浸透中!
でも〇〇ペイとか、〇〇カードとか、何が便利かよくわからないなんて方も多いはず。そこで、お仕事をしながら、決済方法も覚えられるレジのお仕事にスポットを当てていきます!
もちろん決済方法だけでなく、多くのお客さまとも接するので接客マナーや臨機応変な対応が身につきます。気がついたら顔なじみのお客さまも増えて、やりがいを感じられることも魅力のひとつ!
今回は、令和元年の夏に経験しておきたい5つのレジのお仕事をご紹介します♪

■レジのバイトといえば・・コンビニエンスストア

街や駅などで見かけるコンビニエンスストア。コンビニのレジではお買い物だけでなく税金や電気水道ガスなどの公共料金の 納付やチケットの支払い受付、各社ポイントカードの対応など、幅広い対応が求められます。
レジといっても店舗運営業務が中心で、品出しや軽食などの調理など業務が多岐に渡るので社会人経験も積むことができます。

【レジ難易度】★★★★☆
◎ここがポイント!
コンビニバイトのメリットは短時間勤務ができること!Wワークにも最適!
好きな勤務地が選べるのもコンビニで働くメリットの一つ!
早朝だけや夕方から深夜など幅広いシフト構成なので空いた時間を有効にバイトができます。
ただし、時間帯によっては少人数だったりシフトに入れないこともあるので注意!

■毎日のお買い物に欠かせない・・スーパーマーケット

地域密着型店舗や郊外の大型チェーン店など、利用する機会が多いスーパーマーケット。
スーパーマーケットでのレジ業務は基本的には商品のお会計がほとんどです。研修制度も用意されている店舗が多いため比較的早く覚えられるのではないでしょうか。
ちなみにスーパーでは分業制が多いのでレジ業務で採用されるとレジ専任として集中して覚えることができます。
また、また百貨店の食品売り場など、お客さまへのサービスの一環として「サッカー」という、お買い上げ商品の袋詰め行う業務も兼ねることもあります。


【レジ難易度】★★★☆☆
◎ここがポイント!
スーパーのバイトのメリットはレジ業務に集中できること!
百貨店の食品フロアなどはそのお店ならではの言葉遣いや接客マナーも身につきます。
現金払いの他、商品券、クレジットカード、ポイントカード支払いなどの知識が身に付きます。
最初は先輩スタッフと組んでレジに立ち、慣れてきたらひとり立ちするなどフローも用意されている場合が多いので、未経験でも安心して働けます。
スーパーでは飲料、野菜、肉、お米、惣菜など、会計時に重い商品を取り扱うことものも多いので最初のうちは筋肉痛になることもあるとか・・

■トレンド商品を見るだけでも楽しい・・アパレルショップ

衣料品のお店のレジはさまざまですが、基本的には接客と販売を兼任することが多いです 。ショップ内のお仕事なのでレジ操作だけでなく、商品のことやパンツの裾上げなどお直しの知識なども求められる場合もあります。
店舗によって異なりますが、土日を中心とした勤務シフトになることもあるので休日にたっぷり働きたいといった方にはぴったり。
特にオープニングスタッフは採用人数も多いのでレジや接客に初めて挑戦する方にも一から覚えられるチャンスです。
また、トレンドの商品を取り入れたコーディネートや着こなし術なども身につくのもアパレルで働く魅力。好きなブランドに囲まれて働くことで自分自身のモチベーションもあがりますね!

【レジ難易度】★★★☆☆
◎ここがポイント!
アパレルはレジ業務と接客販売が同時に覚えられるお仕事のひとつ。
平日の入店客数によってはレジ業務が少ないので、店舗のあらゆる業務を幅広く覚えることが求められます。
特に好きなブランドやデザインのショップであれば自然と興味が沸いて覚えていけるでしょう。
ただし、基本は週末を中心に繁忙期やセール期間の忙しい時期に勤務することも多いようです。

■幅広いアイテムを扱う・・・雑貨店

雑貨のお店といっても幅広く、リビング用品や化粧品コスメ、家具や文房具などアイテムはさまざま。
レジ操作も店舗により異なりますが接客と兼ねる点でいえばアパレルショップでのお仕事に近いイメージがあります。
簡単な包装やラッピングを行う場合が多いことが、雑貨のお店のレジの特徴でしょう。
簡易包装とは、持ち帰る際に壊れないようにエアパッキン(プチプチ)で包んだり、プレゼント用に箱に入れて包装したり、簡単なリボンシールを貼るなどの包装のこと 。
包装は一度コツを覚えてしまえばプライベートでも役に立つのでバイトを通してテクニックを身につけられるのもメリットですね。

【レジ難易度】★★★☆☆
せっかくお仕事をするなら興味のあるアイテムを扱っているお店がいいですよね。特にアイテムにこだわらず、レジスタッフとして働きたいのであれば大型の雑貨店をオススメします。幅広い品ぞろえなので覚えることが多いと感じますが、フロアやテーマごとのお会計だったり
スーパー同様に大人数のオペレーションなので希望のシフトで勤務できる確率が高いです。

■スピーディーさが大切・・ファストフード

飲食店=レジのイメージはつきづらいかもしれませんが、ファストフードのオーダーカウンターはレジの部類に入ると思われます。
主にオーダーをレジにインプットしてキッチンに送信します。
朝やランチタイムは非常に忙しいですが、プリセットされているキー操作がほとんどなのですぐに覚えられるのも特徴です。
コンビニ同様、短時間勤務もできるのもいいですね。

【レジ難易度】★★★★☆
◎ここがポイント!
今回ピックアップした業種の中でも、ピーク時の忙しさは一番。
一組ごとのオーダーをしっかり確認してレジで精算します。
ファストフードの業界では 接客を伴った受け答えやレジ操作は意外と難易度が高いものです。
大手チェーン店では、教育を充実させていたり長く働くことで、ポイントを付けていく社内ランク制度を導入している企業も多いようです。

最後に

いかがでしょうか?セルフレジや無人レジなど時代の流れとともにレジの仕事も変化を続けています。まだ現金での決済が多い状態ですが、これからますます進んでいくと思われる「キャッシュレス決済」に備えて知識も身につけることが出来るレジのお仕事、ぜひ挑戦してみてくださいね!

PAGE TOP