百貨店スタッフの魅力! まずは仕事内容を知ろう

  • 百貨店スタッフの写真

繁華街に勤務地があり、トレンドの発信地でもある百貨店で働きたいという方は多いと思います。そこで今回は百貨店のスタッフの主な仕事内容についてご紹介したいと思います。

レジ担当

レジ担当とはお客さまが購入した商品の会計を担当するスタッフです。商品の代金を入力したり、バーコードを読み取ったりして代金の入金処理を行い、現金やクレジットカードによる支払い処理を行うことが具体的な仕事内容になります。

食品売り場がある地下のフロア、いわゆる「デパ地下」では、売り場単位でレジを行う場合や、スーパーマーケットのようにまとめて会計をするレジコーナーが設けられている場合があります。いずれの場合も接客を伴う仕事となるので、接客が好きな方には向いているでしょう。

一方で、ファッションフロアや雑貨フロアの場合は、会計専用コーナーやバックヤードにレジを置いて各売り場や店舗スタッフがお客さまに対する入出金を行ったりするケースが多いです。この場合のレジ担当は、基本的には接客はせず、レジ打ち専門スタッフとして働くことになります。

接客・販売

接客とは主に販売に関わる仕事になります。百貨店では取り扱う商品やサービスをフロアによって分けているので、フロアによってお客さまの性別や年齢が異なり、買い物の仕方も異なってきます。また、取り扱う商品やその価格によってもお客さまが百貨店の接客に求めるものは異なります。つまり、働くフロアによって、お客さまのニーズに合わせた接客をすることで販売につなげていかなければいけません。

具体的には、食品や高額でないもの、日用品といったものを取り扱う売り場であれば正確で迅速な接客対応が求められます。一方で、服飾や嗜好品、または高額のものを取り扱う売り場であれば、詳細な商品情報の提供やお客さまの相談に落ち着いて対応することが求められます。

また、販売に関わること以外にも接客の仕事はあります。たとえば、インフォメーションスタッフ、迷子対応などのカスタマーケアスタッフの仕事です。彼らは丁寧な接客スキルはもちろん、すべてのフロアの知識やおもてなしの心が求められます。

事務

事務は百貨店内部の庶務的な実務を担当する仕事になります。具体的にはスタッフの出退勤管理、売上伝票、仕入れ伝票の管理などです。また、一般企業の事務職と同様に、コピーやFAX、電話応対、来客応対、データ入力や資料作成といったさまざまな仕事を任されるケースもあります。

仕入れ担当

仕入れ担当の仕事は商品の仕入れに関わるものになります。具体的には、商品の発注、入荷した商品の確認、仕入れの処理、在庫確認、棚卸などです。入荷した商品や数量に間違いがないか? 実在庫とデータ在庫に相違がないか? といったネガティブチェックを正確に行うことが求められます。一方で、仕事はバックヤードで行うことから、百貨店のスタッフではありますが接客を伴うことはほとんどありません。

百貨店で働く魅力

このように百貨店での仕事内容は多岐に渡っており、それぞれの仕事で求人があります。

百貨店の仕事の魅力は何よりも扱う品数の多さにあります。食品やコスメ、ファッション雑貨、リビング用品、美術品など…なかなか手に入らない、珍しい商品を取り扱う場合もあります。その他にも催事場などで期間限定の商品を扱うこともあります。

その百貨店でしか手に入れることのできない「特別な商品」と百貨店の丁寧な接客。お客さまは、そのお店だけの「空気感」や「特別感」に浸ることができ、スタッフはその特別な空間を作るお手伝いができます。

決まった形式のお店ではなく、オリジナリティをもって働きたいという方には、百貨店はとてもおすすめです。
ご自身に合った仕事を見つけて百貨店スタッフにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

三越伊勢丹ヒューマン・ソリューションズなら百貨店のお仕事多数!
URL:https://kyujin.imh-sol.co.jp/

PAGE TOP