ファッション大好きでおしゃれな仕事がしたい!アパレルの仕事内容とは?

  • アパレル雑誌を読む女性の写真

ファッションが好きで、できればファッションに関わる仕事がしたいけれど、アパレル(衣料、服飾)関係の仕事はどんなものかわからない。そんな人に向けて、ここではアパレル販売員の仕事内容と接客のコツをお伝えします。

アパレル販売員に向いている人

アパレル販売員を目指す人は、小さい頃から洋服にこだわりのあるおしゃれ好きが多いようです。ファッショントレンドに敏感で、新しいものが好きという人が向いていると言えるでしょう。

アパレル販売員は、お客さまに最新の衣服を紹介するガイド役です。よく友だちに洋服のコーディネートをほめられる人や、周囲の人よりもトレンドアイテムを手に入れるのが早い人は、アパレル販売員としての適性があると言えます。

お店に立つときにアパレル販売員が気をつけている3つのポイント ~身だしなみ編~

次にアパレル販売員が気をつけていること、つまりは接客のコツをお伝えします。ここでは、身だしなみに関して気をつけていることのなかから、代表的な3つのことをご案内します。

【1】 自社ブランドの最新の服をおしゃれに着こなす

アパレルショップでは、販売員の服装は重要なセールスツールです。新作の着こなしは、言わばお客さまへの提案資料です。

【2】 季節を先取りした服装を心掛ける

ショップの前を通る人にとって店頭のディスプレイや販売員の服装は、購買意欲をかきたてるものです。季節を先取りした素敵なスタイリングで、お客さまにアピールしましょう。

【3】 メイクをブランドイメージに合わせる

アパレル販売員は自社のイメージモデルと言っても過言ではありません。プリティ系のアパレルブランドなら愛らしいメイク、ハイブランドならコンサバで大人っぽいメイクなど、ブランドイメージにマッチするメイクアップをします。

お店に立つときにアパレル販売員が気をつけている3つのポイント ~接客編~

アパレル販売員が接客で気をつけていることのなかから、代表的な3つのことをご案内します。

【1】 言葉づかい

販売員の応対ひとつで売り上げが左右されるので、言葉づかいはとても重要です。フレンドリーになり過ぎず、かしこまり過ぎず、取り扱うブランドやショップイメージに合った言葉づかいを意識します。

【2】 必要以上につけ回さない

買い物に来るお客さまは、「放っておいて」と思っている人もいます。そういったお客さまのオーラを感じ取ってつけ回さず、興味を持っている方だけに適切なアプローチをすることが大切です。

【3】 お客さまが試着したときのお声掛け

アパレル販売で大切なことは、服を売るだけでなくファッションアドバイザーとしての信頼を勝ち取ることです。似合うものをすすめ、気に入ったものを買ってもらうことが、次の来店に結びつきます。

アパレル販売員が仕事以外で心掛けている2つのこと

アパレル販売員が仕事以外の場面で心掛けていることのなかから、代表的な2つのことをご案内します。

【1】 トレンドチェック

お客さまが洋服を選ぶとき、「このカラーが人気です」、「今季〇〇がマストバイアイテムです」といった販売員からの情報は、購入を決める際の重要なポイントです。きちんとした情報を伝えるためにも、最新ファッショントレンドのチェックは欠かせません。

【2】 コーディネート研究

お店によっては、店頭のディスプレイを販売員がやることもあります。同じ商品でも、ディスプレイされるコーディネート次第で、売れ行きが大きく変わります。流行の最先端と言われるおしゃれスポットで行き交う人のファッションをチェックをしたり、人気ショップのディスプレイを見て参考にしたりするなどの勉強も欠かせません。

アパレル販売員は、お客さまにコーディネートを提案するアドバイザーであると同時に、接客業です。ファッションセンスに自信のある人、洋服のコーディネートが好きな人、そしてお客さまの気持ちを考えることができる人こそが、アパレル販売員のプロと言えるでしょう。

コロナ禍でのアパレル業界の変化

アパレル業界の働き方新型コロナウイルス感染症対策という形で変わってきています。
マスクをしたままでの接客は、声が聞き取りにくい場合もあります。さらに、目元しか見えないことで表情が伝わらず、より限られた条件で接客を行うようになってきています。
そもそも、お客さまの中には感染予防の観点からコミュニケーションを避けたいと考えている方もいらっしゃいます。

その分必要とされるのが「お客さまに興味をもっていただける商品配置や店内構成」です。
元々、店内の雰囲気や商品配置は重要でしたが、コミュニケーションが減った現在は、より視覚的な情報でお客さまを興味付けすることの重要性が高まっています。

人と会話するのが少し苦手、でもアパレル業界で働きたいと考えている方も挑戦しやすくなっている状態になってきています。

PAGE TOP